職員 救命救急講座を受講しました

 

家族参観会の午後、職員で「救命救急講座」を受講しました。

東消防署の消防士さんが、これから始まる水遊び・プールで起こりうる事故の危険性についてお話をしてくれました。

プールで活動するときに、幼稚園教諭として気を付ける事、また、子どもたちが自分で気を付けることができるように話しておいてほしいことなどを教えていただき、職員間で共通理解をすることができました。

その後は、AEDを使った心肺蘇生法の訓練を全職員が行いました。毎年この時期にAEDと心肺蘇生法の研修を行っています。

これからも定期的に研修を受け、大切なお子様を救うことができるように備えていきます。

 

2018年06月17日