採用情報


 

令和4年度求人票を公開中です。
友だち追加
LINE公式アカウントで採用情報を配信しています。トークから採用に関する相談もできます。

 

↓各タイトルをタップすると、詳細が表示されます。

園長よりメッセージ

蒲幼稚園は地域に根ざした幼稚園です

 蒲幼稚園は、昭和28年に当時の蒲地区婦人会から「蒲地区に幼稚園がほしい。」という地域の方々の声にお応えして始まった地域密着型の幼稚園です。開園してもうすぐ70年を迎えようとしています。現在幼稚園に通っている子のお父さんやお母さんも、おじいちゃんやおばあちゃんも通っていた…なんて方もいらっしゃいます。長い間地域の皆様に愛され、「蒲地区になくてはならない蒲幼稚園」となれるよう努めてまいりました。


保育の仕事に就こうと思っている方へ

 子どもたちは「大きくなりたい」「できるようになりたい」と前を向いて生きています。「ぼくはすごいんだよ」「わたしってすごいでしょ」と超の付くくらいの自信家ですが、それでいいんです。やる気、意欲が何よりも子どもを突き動かし成長させます。

 蒲幼稚園では、子どもの意欲をさらに引き出し、「もっとやりたい」「こんなふうにやってみたい」と、目を輝かせて遊ぶ子を目指して、『豊かな環境の中で経験を深め、調和のとれた心身ともにたくましい子を育てる』よう日々精進しています。子どもたちの姿から、こんなことに夢中だな、今ここで葛藤しているな、こういうものが必要かな、こんなことを提案してみよう…と考えて保育していくので、子どもたちと織りなす生活に保育者もワクワクします。

 豊かな環境を構成していく中で忘れてはならないのは、私たち保育者の存在です。『花園に降り注ぐ春の陽でありたい』を信条に、花園に降り注ぐ温かい春のひざしのように、どの子にも分け隔てない愛情を注ぎ、生活を学ぶ先輩として、気持ちを分かってくれる心の拠りどころとして、援助者として…温かく心強い存在でありたいと願います。保護者だけでなく地域の方々、子どもを取り巻く全ての人と手を取り合って子どもの成長を見守っていきたいと思っています。そして、一緒に働く仲間として互いに尊重し高め合えるような保育者集団でありたいです。


あなたはどんな人になりたいですか?

 蒲幼稚園の年長児の誕生会では、誕生日の子がみんなの前で将来の夢を発表します。

「大きくなったら何になりたいですか?」

 子ども達からはたくさんの夢が語られます。これから社会人として羽ばたこうとしている皆さんは今まさに、改めてその質問に向き合う時期ですね。

 そして、ぜひもう一歩踏み込んで考えてみてください。

 

 あなたはどんな人になりたいですか?

 

 “何になるか”よりも“どんな人になりたいか ”。

 就職活動を通して自分を見つめ直すきっかけになったらいいですね。


生涯を見据えて

 今、ここをご覧になってくださっている皆さんは、子どもと接する職業の中でも、とりわけ幼児教育に関心の高い方だと思います。それまで大切に育まれてきた子どもたちが、初めての集団生活に一歩ずつ足を踏み入れていく、その一つ一つが尊く愛おしい日々です。子どもを笑顔にしたいですよね。でも、楽しければいいのではなく、自分を発揮しながら友達と助け合い、自分も友だちも大事にして社会の一員として力を発揮する子であってほしいです。幼稚園は集団の中で誰かのために待つこと、みんなで力を合わせること、友だちのことを自分のこととして考えること…いろいろな体験をして、心も体もゆっくりと大きくなってほしいです。

 初めての集団生活を、また、成長著しいこの時期に子どもたちと共に歩むこの職は、大変さもありますが、それを超える喜びや達成感が大きく、生涯の仕事として誇りをもって働くことができます。一口に幼児教育といっても、いろいろな施設、理念、環境があり、どこも特色を持っています。どうぞいろいろな施設をご覧になり、こんな保育をしたいなと一番気持ちが合う、園をお選びください

 そして、もしもその中に蒲幼稚園が含まれているとしたらこんなに嬉しいことはありません。同じ志を持つ仲間として、愛情深くきめ細やかに、子どもも保育者も楽しいと思える保育を一緒に目指していきましょう!

 

蒲幼稚園 園長 大貫 ななみ

保育業務を知る

時刻 業務 内容・詳細
  出勤  
7:35 職員全体会議 朝の打ち合わせを行います。
7:45 バス乗車
園庭環境構成
バスに乗車して子ども達をお迎えにいく職員と、園内の環境構成をしたり、掃除をしたりする職員と分かれています。
8:00~ 園児登園 子ども達が登園し始めます。いよいよ保育開始です!
  自由保育 子ども達は自分の好きな遊びをします。保育者は子ども達の興味関心を大切にしながら、遊びがさらに楽しくなるように、もっと深まっていくように、環境を整えたり、援助したりします。
  一斉保育 みんなで歌を歌ったり、ダンスをしたり、絵を描いたり、ゲームをしたり…。保育者がねらいを持って活動を提案し、子ども達の成長を後押しします。
12:00 昼食 月・火・木曜日は給食、水・金曜日はお弁当です。楽しい雰囲気で食事ができるように、子ども達と一緒に食事をとりながら、食育を意識して関わっていきます。
13:00 午後の活動 好きな遊びに取り組んだり、みんなで一緒に過ごしたり…。午後もたっぷり遊びます。
降園前は、今日の出来事を子ども達と振り返って共有したり、明日への期待へつなげる大切な時間です。
14:00 バス乗車
園庭で子ども達と遊ぶ
園庭の片付け
バスに乗車して子ども達を送る職員と、園内に残っている子どもと一緒に過ごす職員に分かれています。
14:45 園内の掃除 保育室、廊下、トイレ、遊戯室、共有スペースなど、職員で分担して掃除します。
15:00 反省記録
保育準備
会議など
今日を振り返り、保育記録を作成します。今日の様子をもとに明日の保育を考えます。子ども達は何を楽しんでいたかな?どんなことに夢中だったかな?そうだ!明日はこれを提案してみようかな?悩むこともありますが、保育計画はやりがいがあります。
16:30 職員全体会議 今日一日で全職員に伝えておきたいことを報告する会議です。事務連絡もありますが、子どもの様子を伝えることで、全職員が一人ひとりの子どもの状況をを把握できるように努めています。
  退勤  

保育者の声を聞く

 

就職先を蒲幼稚園に決めたきっかけは何ですか?

一ヶ月の幼稚園実習をさせていただき、先生方の関係がとても良く学年を超えて子どもたちをよく見ている幼稚園だなと感じていました。

また当時保育について悩み、不安に思っていたことがあった際に、園長先生や先輩の先生方からアドバイスをいただいたことがあり、気持ちが前向きになったことがありました。子どもだけでなく職員や学生にも優しい先生方と一緒に働けたらと思い就職しました。

現在の仕事内容を教えてください。

年少クラス副担任をしています。バスの担当もさせていただき、クラスの子だけではなく学年を超えて子どもたちと関わらせていただいています。日中は子どもと関わり、降園後は掃除や当番制の仕事、保育記録などを書き、環境設定をしたり必要に応じてクラスの仕事や学年での仕事をさせていただいています。

印象に残っている仕事上のエピソードを教えてください。

園庭や園舎など見かけた際に子どもに挨拶をしたりお話をしたりするうちに「先生大好き!」と言ってくれたり「先生にプレゼント」とつんだお花をくれたり、お家で一生懸命描いた絵をたくさんプレゼントしてくれたり、「これ見せようと思って先生を探してたの」と捕まえた虫をわざわざ見せに来てくれたり…子どもから関わりに来てくれる機会が増えとても嬉しく思いました。
いろいろな子が「せんせーい!おはようー!」と声をかけてくれ、私のいる部屋まで毎朝挨拶に来てくれる子もいます。
元気な子どもたちに囲まれ、毎日笑顔で幸せだなあと思います。

休日の日は何をしていますか?

早起きする習慣がついたので午前中から起きて過ごすことができるようになりました。気になっていた映画やアニメ、ドラマを一気見したり、漫画や本を読んだり、興味のある分野の勉強をしたりと自分の時間を満喫しています。駐車が苦手なので、親と一緒に車の運転を練習したりもしています。

蒲幼稚園の良さをアピールしてください。

「自分の仕事をする時間」として毎日30分記録を書く時間が確保されています。そのおかげで帰宅後に持ち越す仕事は特にありません。また、残業も特になく夜遅くまで働く…ということは私はまだ経験してないです。
学生時代、記録が苦手で寝る間を惜しんで書いていましたが、今はきちんと園で書きおわり夜もぐっすり眠れています。
先生方はとても優しく、わからないことは丁寧に教えてくれ、今日あった面白いこと、子どもの発言、行動などをついつい話してしまいます。
新任だからするのは当たり前、ということに対しても先輩の先生方は「ありがとう」と声をかけてくださいます。
園庭整備も本格的に始まり、自分たちが作った遊具や机、椅子、屋台を使って、子どもが思い思いに自由に遊んでいる姿を見ると嬉しく思い、また仕事頑張ろう…と思えます。
バスの運転手さんも気さくな方ばかりで、隙間時間にお話ししていただけたり相談に乗っていただいたりしてくださり、行事が終わるとどうだった?と声をかけてくださったりします。
同期にも恵まれ、毎日助け合いながら協力しています。


就職先を蒲幼稚園に決めたきっかけは何ですか?

見学に行った時の園の雰囲気が良くて、先生同士も仲が良くて私も一緒に働きたいなと思ったのがきっかけです。

現在の仕事内容を教えてください。

私は今フリーとして働いています。
フリーなので、一人ひとりの子どもとの関わりが深く、細かいことにも気づくことができます。そして、担任の先生の動きを見て、このような声掛けがいいんだ、こんな遊び楽しそうだなと様々な学びもあります。

印象に残っている仕事上のエピソードを教えてください。

私はよく戸外遊びで泥団子作りをしているのですが、その中で昨日までは丸めることだけを楽しんでいた子どもが、今日はサラサラの砂をかけて固めるようになっていたというような、遊びの中でのちょっとした成長に感動しました。

休日の日は何をしていますか?

私の好きなことをしてリフレッシュしています。
今はコロナであまり出歩けませんが、公園で友だちとピクニックをしたり、犬の散歩をしたりして楽しんでいます。

蒲幼稚園の良さをアピールしてください。

優しい先生が多いです。困ったことや分からないことがあっても質問すると優しく答えてくれます。
園庭プロジェクトを行っていて、職員が1から園庭を考えて作っています。先生たちみんなで作るのも普段の仕事とはまた違って楽しく、その出来た遊具で子どもたちが遊んでいる姿を見ることができるのも嬉しいです。

研修制度

幼児教育の基礎をじっくり身につける
 1年目は副担任として、子どもと関わりながら幼児教育の基礎を身につけていきます。実際に子どもの前に立って保育をし、担当保育者と振り返りをしながら、保育経験をじっくりと積むことができます。
 現場で学びながら、保育者として自信と責任をもって保育ができるように、1年を通して学ぶことができます。
園外の研修で偏りのない知識を学ぶ
 静岡県私立幼稚園協会、浜松私立幼稚園協会が主催する初任者研修会では、幼児教育の基礎や、社会人としての一般常識を学ぶことができます。
園内研修で保育者同士の交流を図る
 園内研修では、保育者同士の意見や考えを話し合ったり、保育について学び合ったりすることができます。若手からベテランまで様々な保育観を持った保育者がいるので、参加するだけで学びにつながっていきます。
2年目以降はいよいよクラス担任に!
 クラス担任はクラスの子どもの様子から日々の保育を立案し、クラス運営をしていきます。といっても、「一人でがんばらなくてはならない」というわけではありません。ベテランの保育者の助言を受けながら、一緒に考えたり、相談したりなど、サポート体制も万全です。一人で悩まずに安心して担任をすることができます。

幼稚園情報

勤務地:静岡県浜松市東区神立町480
蒲神明宮の西、緑に囲まれた閑静な住宅街ににあります。近くには蒲神明宮、船越公園、将監第一公園、袖紫ヶ森公園などがあり、子ども達のお散歩コースになっています。住宅街の中にありながら、多くの自然に触れることができる場所に位置しています。
園児・クラス・教職員
(令和3年6月現在)
園児数 クラス数 教職員数
満3歳児 9名 1クラス 3名
3歳児 88名 4クラス 8名
4歳児 106名 4クラス 7名
5歳児 120名 5クラス 9名
合計 323名 14クラス 27名+7名※

※ その他の職員

理事長1名・園長1名・事務員1名・運転手3名・預かり保育担当1名


 

お問合せ・連絡先はこちら

TEL : 053-461-2612
FAX : 053-465-6434
email : kaba@kaba-yochien.ed.jp
学校法人蒲学園 蒲幼稚園
担当:理事長 大貫寿夫(おおぬきひさお)